髪質

女性用の薬用育毛剤について

育毛剤のイメージはどうしても男性が使うものという印象が強く、中高年の男性が主に使用者として見られておりますが最近では女性も育毛剤を使用する機会が増えているんですね。
それは今までも悩みの種であった抜け毛、薄毛が育毛剤で対処出来るようになってきたからなんです。

女性用にはいくつか種類があり、医薬品、医薬部外品、化粧品類と数多くの種類にわかれています。
医薬品は厚生労働省で大臣に認可されている薬で、主に治療や予防がメインで使用される機会が多いです。
これらは医師や専門家が使用を判断し処方されるものと薬局で購入できる一般薬品がありますので、副作用も出る可能性がある強いものなのでしっかりと相談してから使用しましょう。

医薬部外品というのは医薬品ではないものの効果や効能はそれに近いもので、こちらも厚生労働大臣がしっかりと効果があると認可したものなので安心感があります。
効果は治療薬に及ばないものの継続的に使用するには適しており、現状店頭に並んでいる育毛剤はこの医薬部外品http://www.jssateb.org/medicine.htmlです。
化粧品類はそれ以外の育毛剤になります。これは主に刺激などを抑えどちらかと言うと髪質や肌質を整え育毛効果を促していくものなので効果は緩やかにケアを目的としています。

これらはすべて薬事法で分類分けされているのでこのような表記になるんですね。
どれも自分に合うか合わないかで効果は変わってきますので一概にどれがいいというのはありません。
自分に最適な育毛剤を見つけましょう。

http://www.dragontalk.com/secret.htmlでは、男性用で人気の育毛剤が紹介されています。